出会いアプリで援助交際をしている人が増えているという事実は本当なのか?コチラのサイトではそんな援交に関する真相・相場・年代などの疑問を解決する為のサイトです!気になる方は是非一度ご利用ください!

前へ

次へ

援助交際は今も昔も変わらず存在している

出会アプリで援助交際をしている人が増えている?そんな援交に関する真相・相場・年代などの援交情報を紹介するサイト!
援助交際と聞くと、つい最近登場したイメージがあるかもしれません。

もっとも、援助交際自体は相当昔からありましたし、それこそ江戸時代ぐらいから行われていたことなのです。

当時は、貧しい人もたくさんいた時代ですから、自分の体を売って家庭を支えていた女性も少なくなかったのです。

もちろん、この時代と今では全く時代が違いますが、根本的な部分は同じだと言えるのです。

ただ今の時代は、やむを得ない事情で体を売るというよりも、お金欲しさや興味本位から援助交際をする女の子が非常に多いのです。

また、援助交際をする女の子の多くは、18歳未満と未成年の女の子ばかりなのです。

ですから、援助交際自体はかなり昔からあったものの、今のようなスタイルの援助交際は、ここ10年ぐらいで急増したと言えるのです。

さらに言えば、今は出会アプリと携帯電話を活用して援助交際ができる時代なので、そこまた大きな違いを生み出しているのです。

もちろん、出会アプリも法律や条例による規制もかなり強化されましたから、援助交際自体は少しずつ減少傾向にはあります。

ただ、今後もそれが続くとも限りませんし、援助交際が完全にゼロになる日は訪れないかもしれません。

援助交際は全体的に未成年が多い

援助交際をするような女の子は、全体的に未成年が多い傾向にあります。

また、出会アプリでは本来は未成年にも関わらず、20歳以上と年齢を偽っているケースもありますから、実際はもっと多いかと思われます。

そもそも成人であれば、風俗を始め夜の仕事をすることもできるわけです。

ですから、わざわざリスクを冒してまで援助交際はやらないケースが多いです。

しかし18歳未満の場合は、それらの仕事をすることができないわけです。

そのため、短時間で高収入を得ようと思ったら、援助交際ぐらいしか方法がないのです。

それに、援助交際というのは未成年だからこそ需要が大きいのです。

成人女性であれば、風俗でもデリバリーヘルスでも、いくらでもエッチなことをする方法はありますから。

ですから、未成年のうちにその特権を活かすために、援助交際をしようと考える女の子もいるわけです。

それが援助交際の実態でもあるわけですし、今も多くの未成年が援助交際の世界に足を踏み入れているのです。

もちろん、援助交際自体は、相手が未成年だろうが成人だろが法律違反なのですが、未成年の場合はその罪がさらに重くなってしまうため、それだけリスクも大きくなってしまうのです。

援助交際に賛否があるのも無理はない

出会アプリで援助交際をしている人が増えている?そんな援交に関する真相・相場・年代などの援交情報を紹介するサイト!
援助交際について、ほとんどの人が否定すると思いきや、意外にも賛成の声も少なくないのです。

もちろん、積極的な賛成意見はあまりないでしょうが、「別にいいのでは?」、「本人たちの自由」という声も多いのです。

確かに、援助交際というのはお互いが納得した上で行っているわけです。

どちらか一方が無理やり行えば許されないでしょうが、お互いに了承しているのであれば、あとは自己責任で本人たちに自由にやれせればいいと意見も、あながち間違いとも言えないかもしれません。

もちろん、法律で禁止されている以上は、少なくとも法的には許されることではないでしょう。

しかし、法律という要素を除けば、援助交際に対する賛否は真っ二つに別れることも多いのです。

ただ、何でもかんでも自己責任で済ませられるなら、法律もルールも必要ないわけです。

どこかで歯止めをかけなければ、大変なことになってしまうわけですから、そういう意味では援助交際を規制するのも間違いとも言えないわけです。

どちらの意見もそれなりに納得できる理由だからこそ、判断するのは難しいのです。